初心者にはとても難かしい電験三種
市販の参考書を読んでも、電気初心者にとってはわからないことばかりです
これから電験の勉強を始める電気初心者の方に向けて、電験の内容をやさしく解説し
「誰でもわかる電験参考書」を目指します

2017年02月13日

電気工事士試験 の 受験手数料は13億?






電気技術者試験センターの

平成28年度、電験三種の受験料の総収入は、約 3億3千万円 にもなる。

という話をしましたが、

平成28年度、電験一種、二種の受験料の総収入は、約 1億4千万円 になります。


そして、

当センターが行なっている電気工事士試験では、

その受験者数は遥かに多いため

受験料収入はさらに多くなります。


第一種電気工事士試験 : 約 5億4千万

第二種電気工事士試験 : 約 13億3千万


電験と電気工事士試験の手数料収入を合計すると、20億円超 です。


毎年、試験のたびに ものすごい額のお金が動いています。


この金額について、皆さんはどう思いますか?

にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ

4科目 正方形yahoo.jpg
  4科目セット



Copyright(C) 誰でもわかる電験参考書研究会 All Rights Reserved.






ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
posted by shiro at 17:00| Comment(0) | 電験三種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント:

電験三種 やさしい解説 「誰でもわかる電験参考書」