初心者にはとても難かしい電験三種
市販の参考書を読んでも、電気初心者にとってはわからないことばかりです
これから電験の勉強を始める電気初心者の方に向けて、電験の内容をやさしく解説し
「誰でもわかる電験参考書」を目指します

2017年06月19日

電験三種用の数学参考書は、数学が苦手な人が読んでも理解できない。







書店に行くと、電験三種用の数学参考書が売られていますが、

数学が苦手な人が読んでも理解できません。

これらはだいたい、一般数学を電気数学に応用する方法が書かれた本です

したがって、

本当に数学が苦手な人は、電験三種用の数学の本を買わないほうがいい

という話を以前にしました。


大手出版社も、さすがにそのことに気がついたのか、

オーム社から「中学数学から始める電験三種数学入門」という本が発売されています。

なんとも、数学が苦手な人にもわかりやすそうなタイトルです。


私も試しに、買って読んでみました。

なるほど、

確かに、今までの電験数学の参考書と比べると、

かなりわかり易い内容になっています。

これならば、買ってもいいかもしれません。


ただし、

数学が苦手な人には、この説明ではわかりにくいのでは?

もっとわかりやすく説明したほうが良いのでは?

と思う箇所もあります。

もちろん、数学の理解度は人によって様々なので、一概には言えませんけれど。


まあ、今までの電験数学参考書に比べると、わかりやすいことは確かですね。


にほんブログ村 資格ブログ 電気・通信系資格へ



表紙「機械」3のコピー.jpg
とてもわかりやすい電験参考書です





Copyright(C) 誰でもわかる電験参考書研究会 All Rights Reserved.
posted by shiro at 22:16| Comment(0) | 電験三種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
電験三種 やさしい解説 「誰でもわかる電験参考書」